前へ
次へ

ITの進化と教育内容の今後の課題

現在は、ITの発展に伴い、多くの学校機関でITの利用が採用されています。
ITの利用の多くは、直接、手書きで入力するのではなく、端末のボタンを使って入力していく内容です。
現在の大人の多くは、子供時代、ITがそれほど発展されておらず、手書きによって勉強されていたでしょう。
この様な話があります。
ゲームを開発するのに天才と呼ばれたある子供は、小学校の低学年から大人が驚くようなゲームを開発しました。
あまりにも天才であるため、学校の授業になじめず、ひきこもりを引き起こし、自宅でゲーム開発ばかりに熱中していたそうです。
その子供は、中学生になると、自分の名前が鉛筆で書けない事実に気が付いたのです。
1人で、買い物する事すら出来ない事実に気づきました。
紙に名前を書くのは、当たり前の内容だと思われがちですが、経験が書く能力を身につけさせているのです。
その子供は、このままではいけないと考え、通信高校の高校に進学を選びました。
いくらITが進化しようとも、アナログ的な教育内容は大切であり、多くの人がこの内容について認識しておかなければならないでしょう。
コミュニケーションが苦手な社会人が増えているのも、子供時代における、コミュニケーション経験が不足しているからかもしれません。

Page Top